Webマーケティングやフリーミアムや

人や会社によって色々定義が変わりますが、Webマーケティング。なかなか難しいものですよね。早い話が、ウェブサイトやその周辺でお客さんを集めて、どうにかこっちを向いてもらって、最終的に買ってもらおうと。ざっくり言えばそんな感じでしょうか。

でもって、「Webマーケティング」検索してみると、大抵よくある、あれ。

まぁ、色々参考になる情報が書かれたウェブサイト。読み込んでゆくと、ちょっぴり物足りない。でもって最後には、無料で資料をプレゼント。ですよ。もちろんメールアドレスを登録しないとダメ。はいここで、ただの通行人から見込み顧客へランクアップです。

どこかで似た感覚を味わったことがあるなと思ったら、「フリーミアム」なヤツです。

まぁ、世の中商売が難しい、そんななかWebのメリットを最大限生かしたやり方なのかも知れませんね。

ここで、おっさんの趣味の王道、魚釣りに例えてみます。

昔は良かったんですよ、魚はどこにでもいたし。そこらへんの棒ッ杭に糸結んで針をつけて、餌なんかも何でもいい。見えている魚の目の前に餌を落とすとパクッと食い付く瞬間まで見えたものです。(←あくまでも例えですんで、全ての釣りがそんなものだとは思わないでくださいね。)でも時間がたつにつれそう上手くは行かなくなってしまいました。

実際は、魚って、色々な釣り方があるんですが、ここでは解決策として、(ここでも?)サビキ釣りに例えて見ます。この、サビキ釣り、割とWebマーケティングを始めとするインターネット界隈のお話の例えに使いやすいので、皆さんぜひ実際にやってみるといいです(本末転倒)。この釣り、一本の糸の途中から沢山の糸を枝分かれさせてその先に針をつけて釣る釣り方で、針が沢山あるんです。でもって、アミ(エビに似ていてエビより相当小さい)などコマセと呼ばれる餌をガーッと撒くとそこに魚が群がってきて、その群れの中に、先ほどの仕掛けを落としてやると、バクバク撒き餌を食っているうちに針のついた餌に食らいついて釣り上げられてしまうというわけです。

わかりましたか?わかりにくい。

そうですか。では改めて。

海 = インターネットの世界。
広い海の中、釣竿が届く範囲 = あなたのウェブサイト、サービス
まき餌 = 無料プラン、コンテンツ
針付きの餌 = メルマガ登録等条件付きコンテンツ、有料プラン
魚 = ウェブサイトを訪問している人。サービス利用者
釣れた魚 = Webマーケティングで言うところの見込み顧客。有料プラン会員

Webマーケティングの場合、この後生け簀に移され定期的にメールマガジンという餌を与えられ、養殖という過程を経て大きくなってめでたく出荷となるわけです。

つまり、しょぼい道具で釣れなくなったので釣り方を色々考えてみようというわけです。そこでまず、まき餌を使います。餌に寄ってきても、針付きの餌さえ食わなければ魚は無事ですね。これがまぁ、ウェブサイトであれば無料のコンテンツです。フリーミアムなヤツで行けば、無料プランです。サビキ釣りでは、針にはまき餌よりも大きめの餌や、ちょっと違う餌をつけることがあります。これが、言ってしまえば、見込み顧客にするための無料PDFダウンロードや動画だったり、フリーミアムなヤツの有料プランだったりするわけです。まき餌が美味しかったからってつい期待して思わずパクって言ってしまう魚がいるわけです。

で、このサビキ釣り、魚のいる場所に行けば割と数が釣れるんです。群れの魚全部を釣ろうなんて無理な話ですが、その必要もないでしょう。バケツ一杯にアジなんか釣れたら、家族全員でも食べきれないですよ。十分十分。

Webマーケティングで云々とか、フリーミアムなヤツ。まず大量に対象を集めてその中から釣って行く、というサビキ釣りそのままですね。

それより何より、釣りに例えてみると、なんだかちょっと感じ悪くなってしまうというデメリットが感じられますね。とは言えやっぱりわかりやすいんじゃないかなと思っているので、しばらくこのシリーズ続けてみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です